俳優が演技を通して個人の意識を超えたより大きな意識に繋がる。 その上演を通して観客もこの大きな意識に繋がる。 演技で世界に関わって行くという事はどういう事なのかを考えます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
レパートリー公演を長年続けてきて我々は
作品が精神的本質に近づいてきた事を実感する
より単純で無駄なものが無く、より生活的になって来ている

芝居においての「精神的本質」とは何なのか?
それは維持し続けられるものなのか?
芝居の存在意義とは何なのか?
スタニスラフスキーの言う「心の生活」とはどういうものなのか?
それは本当にあるのか?
長年に渡る継続の中で「心の生活」を発展させる事は出来るのか、或いは、それは結局死んで行くのか?

生活の中で芸術を同じ状態のまま維持することは出来ない
進化するか、或いは退化するかそのどちらかしか無い
役も、演劇の中の生活も進させることが出来なければならない

では、役を成長させるとは一体どのようにして可能なのか

それは身体的なアプローチ、物質的なエネルギーによってはも得られない
人間の心のエネルギー、内的なエネルギーによって、つまりイマジネーションの力を借りたアプローチによって得られる

観念世界の中でリアルに生きることで役が成長し、役の心の生活が生まれ、作品が成長する

ここに 「魔術的な『もしも』」 Magid Word “if” と訳されて来た技法が採用される

あらゆる芸術は 「もしも」 から生まれる

演劇において俳優のイマジネーションが無ければ、俳優にとっても観客にとってもまるで意味の分からない台詞があるだけになってしまう

観客は俳優をみに劇場に繰るのではない。俳優が舞台上で見ている内的なヴィジョンを、俳優の視覚化しているものを観に来るのだ

視覚化とイマジネーションのみが俳優にあらゆる欲求、モチベーション与え、役と作品にエネルギーを与えることが出来る





スポンサーサイト

テーマ:演劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 Prayer all rights reserved.
プロフィール

prayer2007

Author:prayer2007
渡部朋彦 わたなべともひこ
1971生まれ37歳
Edgeproject主催。
東京ノーヴィ・レパートリーシアター所属俳優。
スタジオ・ソンツェ代表。
1993年俳優を志し、アメリカ式のメソード演技を学び、舞台経験を重ね、プロダクションに所属し映画やテレビなどの現場を経験する。
2000年ロシア人演出家レオニード・アニシモフ、アクターズ・ワークス柚木裕美に師事。スタニスラフスキー・システムとサンフォードマイズナー・システムを学び始める。
2001年スタジオ・ソンツェ結成(代表)。
2004年劇団「京」、ペレジヴァーニェ・アートシアターと共に「12ヶ月95日のレパートリーシアター」を企画、開催。
2005年同3劇団で「東京ノーヴィ・レパートリーシアター」を結成。毎週4ステージの上演を続ける日本初の本格的レパートリー公演を実践中。
ただいま第4期公演開催中。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。